コンテンツへスキップ
ホーム » 簡単な調理方法は?「ローストビーフ」キャンプでの5つの作り方 徹底ガイド

簡単な調理方法は?「ローストビーフ」キャンプでの5つの作り方 徹底ガイド

キャンプで凝った料理を作って、大勢にふるまいたい! ちょっと贅沢なアウトドア料理を楽しみたい!「ローストビーフ」は、そんなときの定番メニューですよね。

意外にも簡単で、特別な道具も必要ありません。

たとえば、ダッチオーブンや、スキレットがなくても調理できます。ケース別に紹介します。

所要時間:30分 ※調理のみ。常温に戻す時間や、冷ます時間は含みません

まずは基本! ローストビーフの作り方

ローストビーフに必要な食材・調味料

  • 牛モモ、牛ロースなど赤身肉のブロック(スジの少ないものが向く)
  • 塩胡椒
  • にんにく
  • オリーブオイル

※市販のローストビーフの素&ソースセットを使うのもおすすめ。プライベートでも良く使っている、おすすめ商品はこちら

日本食研 ローストビーフの素 55g×6個

日本食研 ローストビーフの素 55g×6個

1,200円(04/21 09:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

ローストビーフの作り方・手順

1. お肉を常温に戻す

ローストビーフは、ブロック肉を加熱していきますが、お肉が保冷剤で冷え切った状態だと、火の通りが悪くなり、表面は焦げているのに中は生のまま、という状況になりがちです。

よって、調理する数時間前から、ハンギングドライネット等に入れて、常温に戻します。

ローストビーフの出来は、これで大半が決まる、と言ってもいいほど、重要な作業ですので、ぜひ忘れないようにしてください。

2. お肉に下味をつける

お肉が常温に戻ったら、下味をつけていきます。

使うのは、シンプルに、塩胡椒、にんにくのすりおろし、オリーブオイルの3つのみ。

中でも塩胡椒は、しっかり目を意識してください。

なぜなら、きちんと下味がついていれば、タレやソース類は一切不要で、お肉本来の旨味を感じながら、美味しく食べられます。

3. 加熱する

火を通していきます。

ローストビーフというと、ダッチオーブンのイメージがあるかもしれませんが、もっとも簡単なのは、BBQのついでに、炭火で焼く方法です。

なぜなら炭火は、遠赤外線の効果で、表面をパリっとさせながら、中までしっかり火を通してくれるため、成功しやすい特徴があります。

コツは、火力。

いかに炭火と言えど、着火したばかりの火力の強い状態では、表面が焦げすぎてしまいます。

だからこそ、時間が経っておき火になった頃に焼くか、遠火を意識して、じっくり焼いてください。

4. アルミホイルで包んで、あら熱を取る

表面全体に、ほどよく焼き色が付けばOK。なぜなら、予熱で火が通っていくため、中は生でも大丈夫です。

アルミホイルに包んで、冷ましましょう。

さらに、熱々の状態から、ほんのり温かい程度にまで冷めたら、クーラーボックスに入れて、保冷剤で冷やします。

絶品ローストビーフを作るために、「焼く前に、常温に戻す」の次に、重要なのが、この「冷ます」工程です。

なぜなら、熱い状態でスライスしようとすると、せっかくの肉汁が、大量に流れ落ちてしまうからです。

お昼に料理して、よく冷やして、夜のワインの肴にする……くらいのイメージがおすすめです。

また、しっかり下味をつけられていれば、タレやソースはまったく必要ありません。

たとえば私は、いつもそのまんま出していますが、にんにくの風味と、塩胡椒+お肉の味わいが絶品で、あっという間に売りきれます。

ローストビーフに火を通す調理器具あれこれ

BBQコンロ(炭火)

お手軽度・難易度:★★★★★(断然おすすめ)

上記で解説したとおり、炭火での調理が最も成功しやすく、簡単で、おすすめです。

なぜなら、焼け具合を、目で確認できるためです。ビギナーでも失敗しにくく、美味しくできあがります。

参考:炭に火を着ける方法|パパ・ママ必見!100%失敗なし

ダッチオーブン

お手軽度・難易度:★★☆☆☆(火加減に慣れが必要)

ローストビーフ調理の定番、ダッチオーブン。

手順は、

  1. ダッチオーブンを熱々に熱し(強火)、オリーブオイルをしく
  2. お肉の表面に焼き色をつける
  3. いったんお肉を取り出し、底網をしく
  4. お肉を戻し、蓋をして上下火(弱火〜中火)で加熱

ビギナーに難しく感じるのが、火加減です。

なぜなら、炭をどれくらい使えばいいか(炭の種類・品質によっても違う)、どれくらい加熱すればいいか(お肉の大きさ・厚さによって変わる)など、ある程度の経験が必要です。

また、蓋をしてしまうと中の様子がわからず、火を通しすぎる失敗(ただの極厚ステーキになってしまう)も多いので、注意が必要です。

難しく感じる場合は、炭火(上下火)を使わず、下記スキレットの調理法がおすすめです。

スキレット

お手軽度・難易度:★★★★☆(おすすめ)

スキレットは、ダッチオーブンと同じ材質の、鋳鉄製フライパンです。

一般的なフライパンよりも蓄熱性が高く、中まで火を通しやすい、優れた調理器具です。

手順は、

  1. スキレットを2バーナー等で熱々に熱し(強火)、オリーブオイルをしく
  2. お肉の表面を焼いていく
  3. アルミホイルに包んで、予熱で火を通す

BBQコンロとほとんど同じように調理ができ、お手軽・簡単でおすすめです。

ハードルは、「スキレットと2バーナーを持っているかどうか」という、ただ一つ。

なお、ダッチオーブンを同様に使って、代用もできます。

ロードトリップやホットプレート、蓋付きフライパン

コールマン ロードトリップLXE-J II 2000017066

コールマン ロードトリップLXE-J II 2000017066

36,580円(04/21 10:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

お手軽度・難易度:★★☆☆☆(火加減に慣れが必要)

スキレットと同じ調理法は、ロードトリップのようなロースターや、ホットプレート、もちろんフライパンでも可能です。

ポイントは、炭火、ダッチオーブン、スキレットと比べると、中まで火が通りにくい(=表面が焦げやすい)ので、弱火で蓋をしてじっくり焼くこと。

火加減さえ気をつければ、調理は可能です。

お鍋(湯煎)

お手軽度・難易度:★★★☆☆(簡単です)

ローストビーフは、実はお鍋(湯煎)でも調理可能です。

わざわざキャンプでやる意義があるかどうか……は人それぞれですが、しっかり美味しく出来上がりますし、面倒な火加減も必要なく、簡単です。

たくさんのレシピが見つかりますので、「ローストビーフ 湯煎」などのワードで、インターネット検索してみてください。

ローストビーフの調理に使用した機材等

お肉を常温に戻すのが便利なハンギングドライネット

ダッチオーブン

コールマン ダッチオーブンSF(10インチ) 170-9392

コールマン ダッチオーブンSF(10インチ) 170-9392

7,600円(04/21 19:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

スキレット

耐熱シリコントング ※キャンプでは菜箸より機能的な場面が多い

おすすめのローストビーフの素&ソースセット

日本食研 ローストビーフの素 55g×6個

日本食研 ローストビーフの素 55g×6個

1,200円(04/21 09:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

ひと味違う、おすすめのオリーブオイル

ローストビーフに合うワイン紹介記事

年間30泊以上のキャンプ達人が教える「とっておきのお酒」厳選7つ

著者プロフィール

寄金 佳一親子キャンプ.com編集長
一般社団法人asobi基地ユニバーシティ 代表理事/asobi基地・関東 アウトドア部 部長/Webメディアディレクター/コンスタントに年間30泊のキャンプを始め、アウトドアフィールドで年間100日近くを過ごす。ファミリー&子どもの引率経験は、のべ2,200名以上。二児の父。