コンテンツへスキップ
ホーム » 確実に効く!キャンプ&アウトドアでの最強「虫よけ」2製品

確実に効く!キャンプ&アウトドアでの最強「虫よけ」2製品

キャンプのハイシーズンは夏。蚊に刺されて、痒い思いをする可能性も高まるため、虫よけが欠かせません。

特に子どもは、かゆみを我慢できず、掻き壊してしまって、皮膚に跡が残ってしまいます。なるべくなら蚊に刺されないように、対策をしたいところです。

年間30泊前後をテントで過ごしている経験から、確実に効く虫除けと、ほとんど効果のない虫除けを紹介します。

蚊取り線香は、ほぼ効果なしと見るべき

富士錦 パワー森林香(赤色) 30巻入り

キャンプ・アウトドアの虫除けというと、よく見かけるのが、蚊取り線香です。煙がゆらゆら漂っているのを見ると、なんとなく効果がありそうな気がします。

が、蚊取り線香は、野外ではほとんど意味がありません。

実は、蚊取り線香は、煙そのものに殺虫・忌避効果があるわけではありません

燃焼によって、ピレスロイドなどの有効成分が気化・拡散することによって、効果を発揮します。メーカーのホームページ等を確認すれば、しっかりと記載があります。

つまり、仕組みとしては、蚊取りマットや蚊取りリキッドとまったく同じです。

ですから、蚊取り線香も、室内など密閉空間であれば効果的。しかし空気の流れがあり、どこまでも拡散してしまう屋外では、非効率的なのです。

中には、屋外用とうたう蚊取り線香もあります。

こちらは効果があるとの話もあるようですが、煙の量が多く、臭いも強烈とのこと。

「蚊取り線香の煙が好き」「夏らしくていいよね」

そんな方は、試してみてもいいでしょう。

私は、蚊取り線香の煙で、喉が痛くなる体質のため、効果を確認できていません。

長袖・長ズボン+虫よけ(ディート)噴霧がベスト

我が家の場合、夏場は、1週間〜10日間ほどキャンプ場に滞在するケースがあります。

すると、それほど蚊のいない環境でも、1日1日、刺される箇所が増えていきます。終盤は、まるで水疱瘡にでもかかったかのように、大変な皮膚状態になります。

これは何とかしないといけない。そこで、蚊取り線香はもちろん、虫よけパッチ、虫よけリング、ハーブなど様々に試しました。

検討した結果、

夏でも長袖・長ズボンを着用し、露出部分に虫よけ(ディート)を噴霧するのが、もっとも効果があり、効率的

との結論に達しました。

長袖は、夏でも涼しい速乾素材のもの。長ズボンも同じく薄手のアウトドア用、トレッキング用が使い勝手がよいです。

また、露出を少なくすることで、虫よけの使用量を少なくできるメリットもあります。

キャンプで子どもに履かせたいズボンの決定版「TRAPPER PANT II(TRAPPER PANT KIDS CORDURA)」

親子キャンプ.com

なお、薄すぎる服や、トレッキング用タイツ等は、生地の上からでも蚊に刺されます。

こういうときは、衣服の上から虫よけ(ディート)を噴霧しましょう。

肌に直に虫よけ(ディート)を噴霧しなくて済みます。同時に、高いUVカット効果や、かぶれ、擦り傷等の防止に一定の効果もあります。素肌に比べて多くのメリットがあります。

キャンプ・アウトドアで女の子(100 – 160cm)におすすめの服装「mont-bell」スカートスタイル

親子キャンプ.com

皮膚に薬を塗るのは嫌?トレードオフで考える

虫よけ(ディート)については、説明が必要でしょう。

皮膚に直接噴霧するタイプの虫よけは、あまり身体に良さそうなイメージがありません。実際、私も、数年前までは、敬遠していました。

ただ、ディート以外の方法では、子どもたちがどんどん蚊に刺されてしまいます。腕や脚が掻き壊した跡だらけになっていってしまう。ですので、トレードオフで考える必要があります。

たとえばディートが気にならない方は、半袖・半ズボンで、虫よけの使用量を増やしてもいいでしょう。逆に、ディートを使うよりは子どもが蚊に刺されるほうがマシ、という考え方もあるかもしれません。

なお、ディートの安全性については、何十年も日常的に使用されてきた経過や、諸外国の状況を見て、常識的な範囲の使用であれば、副作用はない、というのが一般的な結論のようです。各自で、責任を持って判断してください。

ディートとは – アース製薬

ディートは殺虫剤ではありません。蚊のセンサーを狂わせ、血を吸える肌の所在をわからなくさせることにより、忌避効果を発揮するタイプの薬剤です。

以下、おすすめの虫よけを紹介します。

最強の虫よけ「サラテクト リッチリッチ30」※12歳以上

【第2類医薬品】医薬品 サラテクトミスト リッチリッチ30 200mL

様々な虫除けを試して、最終的に辿り着いたのが、アース製薬の「サラテクト リッチリッチ30」シリーズです。

これは、虫よけ成分であるディートを、認可最高濃度である30%配合している、シリーズ最強の虫よけです。

「サラテクト リッチリッチ30」を使うようになってから、ほぼ100%と言っていいくらい、刺されなくなりました。

【第2類医薬品】医薬品 サラテクト リッチリッチ30 200mL

【第2類医薬品】医薬品 サラテクト リッチリッチ30 200mL

1,000円(03/05 08:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

なお、ディートの濃度が高いため、

「12歳未満には使用しないでください」

との注意書きがあります。

対象害虫は、

  • ブユ(ブヨ)
  • アブ
  • ノミ
  • イエダニ
  • マダニ
  • サシバエ
  • トコジラミ(ナンキンムシ)
  • ツツガムシ

と、広範囲をカバーします。

ディート濃度10%程度の子ども向け虫よけ

12歳未満には、ディート濃度12%以下が推奨されています。

基本的には、ディート濃度で、忌避性能が決まります。

ディート濃度が同等なら、製品ごとの違いは誤差です。好みの製品を選んでください。

パッケージに必ずディート濃度が記載されています。

テント内で蚊に刺されない方法

蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品)

テント内に蚊が入ってしまう場合にも、おすすめの製品があります。KINCHOの「蚊がいなくなるスプレー」が、非常によく効きます。

その効果は、自宅でも使用すると、床に蚊がポロポロ落ちているのが確認できるほど。

また、

“ワンプッシュで効果が12時間続く”

と、うたうとおり、ワンプッシュで一晩は効きます。

たとえば私の娘は、特異的に蚊に刺される体質。同じ部屋で眠っていて、他の誰も刺されず「蚊なんかいる?」という状況で、娘だけ何カ所も刺されるほど。

しかし「蚊がいなくなるスプレー」を忘れなければ、刺されなくなりました。

成分は、トランスフルトリン(蚊取り線香と同じピレスロイド系)。

あまりに効き過ぎるので、人体への害が心配になりますよね。しかし、虫に特異的に作用する薬剤であり、通常の用法であれば副作用はないとされています。

小さすぎるテントには非推奨

なお、「蚊がいなくなるスプレー」は、室内用に作られています。テント内で使用する際には、いくつか注意点があります。

まず “4.5〜8畳にワンプッシュ” で設計されています。ソロテントあまりに小さすぎるテントの場合は、薬剤過剰になる可能性があります。

ゆったり設計のファミリーテントであれば、問題はないだろうと考えられます。たとえば、コールマンのタフワイドドームⅤ。300 × 300cmで4畳半以上の面積となり、天井も高めで空間が広いテントです。

また、体質によっては、トランスフルトリンに粘膜を刺激されるケースがあります。くしゃみが出たり、目や喉に違和感を覚えることがあります。就寝直前にスプレーするのはおすすめできません。

「蚊がいなくなるスプレー」は、壁や天井に付着して効果を発揮するタイプ。ざっと換気するくらいであれば、効果は続きます。夕方などにスプレーして、かるく換気しておくのが安心です。

著者プロフィール

寄金 佳一親子キャンプ.com編集長
一般社団法人asobi基地ユニバーシティ 代表理事/asobi基地・関東 アウトドア部 部長/Webメディアディレクター/コンスタントに年間30泊のキャンプを始め、アウトドアフィールドで年間100日近くを過ごす。ファミリー&子どもの引率経験は、のべ2,200名以上。二児の父。