コンテンツへスキップ
ホーム » キャンプ用マットの5つの選択肢&選び方

キャンプ用マットの5つの選択肢&選び方

テント内に敷くキャンプ用マットの選び方と、特徴、おすすめ製品を、はじめての親子キャンプ教室のインストラクターが徹底解説。

家族キャンプの満足度を高めるために最も重要なのは寝心地!

コールマン「IL タフワイドドーム IV/300」、「フリーステントインナーシート(300/レッドチェック)」「エクストラデュラブル エアーベッド(ダブル)」×2の構成例

テントでどう使う?キャンプ用マットの基本

コールマン「コンフォートマスター(R) フォールディングマット / 120」

テントの床は、防水性の高いポリエステルオックスフォードなどの、化学素材でできています。

言うなれば、分厚いビニールシートのようなものです。

雨が降っても、浸水はしませんが、クッション性はほぼゼロ。

地面に直に眠るのと、ほとんど変わりません。

そこで、マットを敷いて、硬さを和らげ、同時に底冷えを防ぎます。

キャンプ用マットの5つの選択肢

テント内に敷くマットには、おおむね5つの選択肢があります。

それぞれ、子どもと一緒のキャンプでのおすすめ順に、長所と短所を説明します。

1. エアーベッド

Coleman(コールマン) エアーベッド エクストラデュラブルエアーベッド/シングル 2000031958

いま断トツでおすすめなのが、コールマンのエアーベッド「エクストラデュラブル」シリーズ(2016年までは「デュラレスト」シリーズ)です。

一昔前までは、エアーベッドというと、空気を入れていない状態でも、重く、かさばり、大仰すぎるので、キャンプ用品としては考え物でした。

ところが、「エクストラデュラブル(デュラレスト)」シリーズは、パンク耐性・強度が従来品から向上しているのにもかかわらず、感動的なほど軽量・コンパクト。

コールマン「デュラレスト™ エアーベッド(グランデ/クイーン)」。約198cm × 152cm × 38cmのビッグサイズ。
収納時はここまでコンパクトに!

体圧分散構造も、かなりの良い出来で、寝心地も最高レベル。

私は、マットで眠ると身体が痛くなる体質。でも「エクストラデュラブル(デュラレスト)」エアーベッド導入により、安眠できるようになりました。

軽量なので、大人2人、もしくは大人1人・幼児2人が一緒に眠れる、クイーンまたはダブルサイズ(横幅150cmが目安)も、らくらく取り扱え、子連れキャンプには最適と言えます。

価格も、寝心地を考えれば、リーズナブル。間違いなくコストパフォーマンスは高いアイテムです。

ネックなのは、使用する前に、膨らませる必要があり、一手間掛かる点。

このサイズになると、手動ポンプでは手に余り、電動ポンプが必要です。

2. インフレーターマット

コールマン マット キャンパーインフレーターマット/Wセット 2000026847

空気を含んでふくらむ、ポリウレタンフォームなどの素材で作られた、寝心地の良いマット。

収納時は、空気を抜きながら丸めていく設計になっています。最新エアーベッドよりはかさばるものの、クッション性から考えれば、コンパクトになります。

エアーベッドのように大仰にしたくないケースでは、最適なアイテム。

ただ、クッション性が高い分、少々値が張るのが、マイナス。

3. テント用マット

コールマン フォールディングテントマット270 2000017147

銀マットと同程度〜それ以上に厚みのある、PEスポンジ、EVAフォーム等で作られた、テント用マットです。

基本的に、クッション材の厚みがあるほど、価格が高く、寝心地も良くなります。

中には、約10mm厚のウレタンスポンジを、210Dポリエステルオックス、PVCで覆った、「コンフォートマスター(R) フォールディングマット / 120」のような、高品質アイテムも。

4. コット

アウトドア用の簡易式ベッドです。

地面と空間があるため、底冷えはシャットアウトできますし、寝心地も並以上。

テント外に持ち出して、気持ちのいい野外でお昼寝するのも、最高です。

近年、3kg前後と超軽量で、数千円から1万円前後の、非常にリーズナブルなアイテムも多数登場しています。

ただ、基本的に1人用で設計されていて、親子で一緒に眠るには小さく、並べても段差ができてしまう点がマイナス。

5. 銀マット

ユーザー(USER) 折りたたみ式レジャーマット グランドエイト U-P845

とにかく安価なのが魅力です。

テントの床の全面に敷き詰めても、数千円の出費で済んでしまいます。

保温性があり、底冷えはかなり防げますが、厚みが足りず、寝心地は並以下。

体質にもよりますが、銀マットでは身体が痛くなる、という人は多いでしょう。

また表面がつるつるで、寝転がるには肌触りが良くなく、滑りやすいのもマイナス。

中には、厚さ15mmなど、フォールディングマット顔負けの銀マットもあります。しかし今度はかさばりすぎる難点もあります。

車の積載量と相談して、購入を判断してください。

ユーザー(USER) 極厚15mmマット 1000 U-P930

ユーザー(USER) 極厚15mmマット 1000 U-P930

1,380円(04/21 05:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

寝不足でグダグダ→叱られてばかり→キャンプが嫌いに……とならないように

キャンプでは、当然ながら、ふかふかのベッドや布団ではなく、地面の固さを感じる状況で眠ります。

慣れていないと、想像以上に、身体への負担となります。場合によっては、うまく寝付けなかったり、翌朝起きたら全身が痛い……というケースも。

寝不足になってしまうと、疲れが抜けないばかりか、機嫌が悪くなったり、精神的にポジティブになれなかったり、大きな悪影響があるのは、日常生活とまったく同じです。

楽しいはずのキャンプが、質の悪い睡眠のせいで、つまらない思い出になってしまう可能性も、充分にあり得ます。

アウトドア経験の少ないパパ&ママや、子どもに、

「キャンプって楽しいね!」

と感じてもらうために、寝心地を整える工夫はぜひおすすめしたい要素となっています。

合わせて読みたい:後悔しないテント・タープの選び方|パパ・ママ向け完全ガイド - 親子キャンプ.com

著者プロフィール

寄金 佳一親子キャンプ.com編集長
一般社団法人asobi基地ユニバーシティ 代表理事/asobi基地・関東 アウトドア部 部長/Webメディアディレクター/コンスタントに年間30泊のキャンプを始め、アウトドアフィールドで年間100日近くを過ごす。ファミリー&子どもの引率経験は、のべ2,200名以上。二児の父。